UC2って関節痛にどうしていいの?

2014-04-16

関節痛の痛みや苦しさ、それにともなう不便さというのは経験してみないとわからないため、若いうちから関節の為に気をつけて生活されている方というのはほとんどいらっしゃらないのではないかと思います。

ですが、関節痛というのは、軟骨がすり減ったり、軟骨成分の現象で軟骨そのもののクッション性が失われることで現れる痛みです。
軟骨成分は年齢とともに減少していきますし、毎日生活し、なにかしらの行動を起こすたびに軟骨はこすられて擦り減っていくものです。

何がいいたいのか、というと関節痛は誰にでも、遅かれ早かれ起こりうる症状だ、ということなんです。

関節が痛くなると、毎日、たとえば膝に関節痛を抱えた場合、歩いたり、坂を登ったり、階段を上ったり、かがんだりしゃがんだり、走ったりという日常的な動作に痛みが付きまとうことになりますので、かなりの苦痛を伴いながら生活をしなくてはならなくなります。

ですから、軟骨が元気なうちから、軟骨を気遣っておけば、歳をとり、体の自由が今までより効きにくくなったとしても、関節痛という余計な痛みまで背負うリスクは大幅に減少させることができる、ということなんです。

その為におすすめなのが、グルコサミンやコンドロイチンとされていますが、これらの働きを一つだけでになってくれる、非変性Ⅱ型コラーゲン(略称=UC2)という成分の含まれたものなんです。

なんでグルコサミンなどよりこっちがおすすめなの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
それは、前述の特徴+@、効き目が実感できるまでの期間が2.5倍も短くて済むということなんです。
もちろん、グルコサミンやコンドロイチンをそれぞれサプリメントで摂取するよりも、UC2だけなら、飲む量も少なく済みますし、実際製品化されたものの紹介ページをみてみると、大抵、1日に2~4粒となっていますから、かなり飲むストレスも軽減されるのではないかと思います。

商品ランキング

第1位UC・Ⅱ(日本メディカル研究所)

UC・Ⅱは日本メディカル研究所が「非変性Ⅱ型コラーゲン UCⅡ」に注目して研究を重ねて完成させた商品です。サプリメントの発達したアメリカでも注目されている素材で、関節痛や、リウマチにも効果的な成分が多く含まれた製品です。

公式サイトはこちら

第2位ヒアルロン酸+グルコサミン(キユーピー)

キューピーのヒアルロン酸+グルコサミンは、不足しがちなヒアルロン酸を解消するために開発された商品です。ヒアルロン酸は本来、植物から摂取しづらいもので動物由来の素材です。そのために開発されたのが本商品です。

公式サイトはこちら

第3位グルコサミン&コラーゲンセット(小林製薬)

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットは身体の構成している成分であるグルコサミンの一日の摂取量が手軽に摂取できる商品で関節痛にも効果的です。きびきびと行動したいという方におすすめの製品です。

公式サイトはこちら

第4位天然型N-アセチルグルコサミン(UMIウェルネス株式会社)

天然型N-アセチルグルコサミンはUMIウェルネス株式会社が開発した製品で、一般的なグルコサミンのサプリメントとは異なり、天然型のN-アセチルグルコサミンという特殊なグルコサミンを配合している点が特徴的です。

公式サイトはこちら

第5位グルコンEX錠(日本薬師堂)

グルコンEX錠は日本薬師堂の製品で、1日推奨されているグルコサミンの摂取量を効果的に摂取できる製品です。普段の食事では、取りづらいグルコサミンを、サプリメント化することで、飲みやすさも上がり、気軽に摂取することが出来ます。

公式サイトはこちら

Copyright(c) 2013 UC2を使って、関節痛・リウマチ治療 ereaderpublishingprofits All Rights Reserved.