UC2とコラーゲンの効果

2014-05-11

コラーゲンとは、人間の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、多細胞動物の(細胞外マトリクス)の主成分です。人間の体内に存在しているコラーゲンの総量は、全タンパク質のほぼ30%を占めると言われています。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されており、コラーゲンはゼラチンの主成分であり、消化や呼吸効果や美肌効果もあり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられています。
特に、Ⅱ型のコラーゲンである線維性コラーゲンは、硝子軟骨のコラーゲン線維の主成分で、眼球の硝子体液の成分でもあり関節痛等の抑制など様々な効果がると言われています。
UC2は、正式には、非変性活性Ⅱ型コラーゲンと言われ、加熱処理によって成分の多くが損なわれた従来の変性Ⅱ型コラーゲンとは異なり、非加熱で抽出された非変性Ⅱ型コラーゲンで、Ⅱ型コラーゲンの成分がそのまま活きています。
コラーゲンを抽出する際に、熱や化学処理によりコラーゲンの分子構造が壊れてしまいます。分子構造が壊れたⅡ型コラーゲンのことを、「変性Ⅱ型コラーゲン」といいます。 分子構造が破壊された変性Ⅱ型コラーゲンでは意味がありません。分子構造が、軟骨のⅡ型コラーゲンと同じである「非変性Ⅱ型コラーゲン」である必要があります。
コラーゲンには、20種類以上のタイプがあるのですが、関節等を構成しているのは、この非変性Ⅱ型コラーゲンだけなのです。
一般的に、Ⅱ型コラーゲンは関節の軟骨に多く含まれる成分で、年齢とともに減少していき、その結果として、Ⅱ型コラーゲンが減少していくと関節が痛むようになり、リウマチや関節痛を引き起こします。
症状としては、例えば、朝起き上がる時や階段を昇り降りする時に膝の関節が痛んだり、腰痛や五十肩等が起こります。
特に、難病として、国内で100万人の患者が居ると言われているリウマチ等の原因もⅡ型のコラーゲンの不足が原因と言われています。
そこで、近年、リウマチの進行を抑制する目的で、サプリメントとしてUC2が注目を集めています。不足しているⅡ型コラーゲンをサプリメントで補給することでリウマチの進行に一定の歯止めを掛ける事が出来る事がいくつかの実験等により実証されたからです。
しかしながら、UC2は、あくまでサプリメントであり、治療には医師の診断に従い、処方される薬での治療が基本となります。しかし、それらの治療とサプリメントの活用により治療効果が高まるといったケースがあるのです。
元々、UCⅡはアメリカのハーバード大学で開発された新軟膏成分で、米国では5件、特許も取得しており、アメリカをはじめ、世界的に注目されている成分で、発時には有名な科学誌『サイエンス』に掲載され一躍注目を集めています。

商品ランキング

第1位UC・Ⅱ(日本メディカル研究所)

UC・Ⅱは日本メディカル研究所が「非変性Ⅱ型コラーゲン UCⅡ」に注目して研究を重ねて完成させた商品です。サプリメントの発達したアメリカでも注目されている素材で、関節痛や、リウマチにも効果的な成分が多く含まれた製品です。

公式サイトはこちら

第2位ヒアルロン酸+グルコサミン(キユーピー)

キューピーのヒアルロン酸+グルコサミンは、不足しがちなヒアルロン酸を解消するために開発された商品です。ヒアルロン酸は本来、植物から摂取しづらいもので動物由来の素材です。そのために開発されたのが本商品です。

公式サイトはこちら

第3位グルコサミン&コラーゲンセット(小林製薬)

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットは身体の構成している成分であるグルコサミンの一日の摂取量が手軽に摂取できる商品で関節痛にも効果的です。きびきびと行動したいという方におすすめの製品です。

公式サイトはこちら

第4位天然型N-アセチルグルコサミン(UMIウェルネス株式会社)

天然型N-アセチルグルコサミンはUMIウェルネス株式会社が開発した製品で、一般的なグルコサミンのサプリメントとは異なり、天然型のN-アセチルグルコサミンという特殊なグルコサミンを配合している点が特徴的です。

公式サイトはこちら

第5位グルコンEX錠(日本薬師堂)

グルコンEX錠は日本薬師堂の製品で、1日推奨されているグルコサミンの摂取量を効果的に摂取できる製品です。普段の食事では、取りづらいグルコサミンを、サプリメント化することで、飲みやすさも上がり、気軽に摂取することが出来ます。

公式サイトはこちら

Copyright(c) 2013 UC2を使って、関節痛・リウマチ治療 ereaderpublishingprofits All Rights Reserved.