関節が痛むリウマチ

2014-05-11

難病でありながら日本にも100万人は患者が居ると言われるリウマチですが、
リウマチとは、一般的には、間接リウマチ(慢性関節リウマチ)のことをいいます。

関節リウマチは、身体中の関節・周囲の骨や筋肉に強い痛みを感じ続ける疾病です。
間接リウマチの初期症状としては、始めは1つの関節部分が痛みだし、放っておくと、身体中の関節が痛みを発症し、最終的には、関節自体が破壊されてしまいます。

もう少し具体的に説明しますと、関節リウマチを発症すると、身体全体に倦怠感・継続的な微熱・食欲減退等の自覚症状があります。さらに異様なほどの目や口の乾きや関節以外の臓器(肺・皮膚)の疾病を発症します。

関節リウマチは、決して死に至る疾病ではありませんが、しかし世間では、「関節リウマチは、難病」というイメージが定着しているのも事実です。

それは、関節リウマチに対する認識不足によるものだといえます。何故なら、早期発見・早期治療さえすれば、それ以上の悪化を食い止めることができるからです。

そうした関節リウマチの患者数は、日本全国で100万人以上いるものと推測されており、発症年齢は高齢化するに伴い、増加傾向にあります。
しかし、若ければ発症しないという疾病では無く、20歳代で発症する場合もります。30~50歳代が発症年齢のピークだといわれています。

また関節リウマチの大きな特徴の1つとして、女性に多く見られる疾病ということが挙げられます。実際には、男女比は1対4程度となっているようです。

女性に関節リウマチが多い原因として、女性ホルモンや妊娠、そして出産等が関係していると考えられています。

また関節リウマチは、関節の痛み以外に血管炎症や貧血なども症状とし引き起こすこともあるようです。

関節リウマチは、早期治療さえできれば2~3年で治癒できます。しかし適切な処置としない場合、一生付き合わなければならない、厄介な病状でもあります。

関節リウマチの特徴的な症状は、関節の痛みと腫れです。もし関節リウマチを放置し続けたとすれば、骨の破壊や変形が生じます。

しかし現代医療の進歩によって早期発見による早期治療さえ行われば、症状を大幅に軽減することもできるようになりました。

商品ランキング

第1位UC・Ⅱ(日本メディカル研究所)

UC・Ⅱは日本メディカル研究所が「非変性Ⅱ型コラーゲン UCⅡ」に注目して研究を重ねて完成させた商品です。サプリメントの発達したアメリカでも注目されている素材で、関節痛や、リウマチにも効果的な成分が多く含まれた製品です。

公式サイトはこちら

第2位ヒアルロン酸+グルコサミン(キユーピー)

キューピーのヒアルロン酸+グルコサミンは、不足しがちなヒアルロン酸を解消するために開発された商品です。ヒアルロン酸は本来、植物から摂取しづらいもので動物由来の素材です。そのために開発されたのが本商品です。

公式サイトはこちら

第3位グルコサミン&コラーゲンセット(小林製薬)

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットは身体の構成している成分であるグルコサミンの一日の摂取量が手軽に摂取できる商品で関節痛にも効果的です。きびきびと行動したいという方におすすめの製品です。

公式サイトはこちら

第4位天然型N-アセチルグルコサミン(UMIウェルネス株式会社)

天然型N-アセチルグルコサミンはUMIウェルネス株式会社が開発した製品で、一般的なグルコサミンのサプリメントとは異なり、天然型のN-アセチルグルコサミンという特殊なグルコサミンを配合している点が特徴的です。

公式サイトはこちら

第5位グルコンEX錠(日本薬師堂)

グルコンEX錠は日本薬師堂の製品で、1日推奨されているグルコサミンの摂取量を効果的に摂取できる製品です。普段の食事では、取りづらいグルコサミンを、サプリメント化することで、飲みやすさも上がり、気軽に摂取することが出来ます。

公式サイトはこちら

Copyright(c) 2013 UC2を使って、関節痛・リウマチ治療 ereaderpublishingprofits All Rights Reserved.