リウマチに効く、コンドロイチン

2014-05-11

難病でありながら日本にも100万人は患者が居ると言われるリウマチですが、
リウマチとは、一般的には、間接リウマチ(慢性関節リウマチ)のことをいいます。

関節リウマチは、身体中の関節・周囲の骨や筋肉に強い痛みを感じ続ける疾病です。

間接リウマチの初期症状としては、始めは1つの関節部分が痛みだし、放っておくと、身体中の関節が痛みを発症し、最終的には、関節自体が破壊されてしまいます。

難病であるリウマチですが、初期段階で適切処置をすれば進行を抑える事が出来ますし、炎症を緩和する事が出来ます。

処置方法は、薬剤処方が一般的ですが、薬も多種多様なものがあります。

例えば、間接リウマチの一般的な薬として、グルコサミンがあります。

また、グルコサミンと共に一般的なサプリメントとして、コンドロイチンがあります。

コンドロイチンは、グルコサミンと同じように、軟骨にとって欠くことのできない重要な成分の一つです。

コンドロイチンはムコ多糖類の一種であり、ムコ多糖類は濃いゼラチン性の物質で、関節や眼球、靭帯、血管壁、動脈、皮膚など、あらゆるところに存在して細胞と細胞を繋いでいます。

我々の体は、コンドロイチンが不足すると、膝や腰に痛みが生じたり、関節がこわばったりと、身体にさまざまな症状が現れます。

コンドロイチンは体内でも日々作られますが、年齢と共に徐々に不足していきます。体内のコンドロイチンの量は20歳を境に減り始め、60歳になると20歳のときの4分の1の量にまで減ってしまうと言われています。

関節リウマチにとってのコンドロイチンの効果は、「関節症などの腫瘍状組織がつくり出す血管新生を防ぐ」「細菌感染などで起きる炎症を、感染部分を取り囲む形で抑える」「カルシウムの代謝に関与し、骨の成長・形成を助けて骨粗しょう症を防ぐ」などが挙げられます。

コンドロイチンは、グルコサミンと同時に接種すると一層効果が発揮されます。

コンドロイチンは、軟骨の弾力性を維持するのに役立ち、軟骨が損傷する可能性が有害な酵素を防ぐことができますが、グルコサミンと一緒に与えられたときに、コンドロイチンは、軟骨の損失を防ぐ事も出来ます。

商品ランキング

第1位UC・Ⅱ(日本メディカル研究所)

UC・Ⅱは日本メディカル研究所が「非変性Ⅱ型コラーゲン UCⅡ」に注目して研究を重ねて完成させた商品です。サプリメントの発達したアメリカでも注目されている素材で、関節痛や、リウマチにも効果的な成分が多く含まれた製品です。

公式サイトはこちら

第2位ヒアルロン酸+グルコサミン(キユーピー)

キューピーのヒアルロン酸+グルコサミンは、不足しがちなヒアルロン酸を解消するために開発された商品です。ヒアルロン酸は本来、植物から摂取しづらいもので動物由来の素材です。そのために開発されたのが本商品です。

公式サイトはこちら

第3位グルコサミン&コラーゲンセット(小林製薬)

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットは身体の構成している成分であるグルコサミンの一日の摂取量が手軽に摂取できる商品で関節痛にも効果的です。きびきびと行動したいという方におすすめの製品です。

公式サイトはこちら

第4位天然型N-アセチルグルコサミン(UMIウェルネス株式会社)

天然型N-アセチルグルコサミンはUMIウェルネス株式会社が開発した製品で、一般的なグルコサミンのサプリメントとは異なり、天然型のN-アセチルグルコサミンという特殊なグルコサミンを配合している点が特徴的です。

公式サイトはこちら

第5位グルコンEX錠(日本薬師堂)

グルコンEX錠は日本薬師堂の製品で、1日推奨されているグルコサミンの摂取量を効果的に摂取できる製品です。普段の食事では、取りづらいグルコサミンを、サプリメント化することで、飲みやすさも上がり、気軽に摂取することが出来ます。

公式サイトはこちら

Copyright(c) 2013 UC2を使って、関節痛・リウマチ治療 ereaderpublishingprofits All Rights Reserved.